高齢の親の見守りに役立つサービスランキング

ランキング

高齢の親と離れて暮らしていると、「しっかりごはん食べているだろうか」「体調は悪くないだろうか」「(持病があれば)ちゃんと病院に行って検査しているだろうか」と心配事が増えてきませんか。
親は子供に心配をかけまいとして、無理に元気を装ったり・・・
日頃から連絡を取り合っていたとしても、やはり見えないだけに子供にとって不安になることはあるのではないでしょうか。

そのような時の選択肢の一つとしておススメするのが【見守りサービス】の導入です。

 

高齢の親の見守りサービスを選ぶときのポイント

高齢の親の見守りサービスを選ぶときのポイントは、現在の親の暮らし方や健康状態をふまえ、今の親にあった見守りサポートを選ぶことです。
「後々必要となるだろう・・・」ではなく「これは今必要!」というサービスを選ぶことで、親が安心して日々を送れますし、費用を抑えることも可能です。

親が扱いやすいか?

まずは、高齢の親が扱いやすいサービスかどうか?で、親が見守りサービスを受け入れてくれるかどうかが決まってきます。
親が「こんなに簡単なら導入してみてもいいかも!」と思えなければ話は先に進みません。
また、子供だけが先走り、肝心の親が操作できなければ(使わなければ)サービスを利用する意味がなくなってしまいます。

理想的なのは【分かりやい・簡単にできそう・設置するだけのもの・その日からすぐ利用できるもの】のようなものが良いでしょう。

できれば、そのサービスを利用する(契約する)前に、お試しや触れることができるのであれば利用するのもおススメです。
親が納得して利用し始めることで、その後のサービス活用がスムーズに進めやすくなります。

料金とサービスが見合っている価格であるか?

「今現在、親にはどのようなサービスが必要なのか?」また、「どれくらいの費用がかけられるのか?」をしっかりと考える必要があります。

見守りサービスは介護保険適用外のサービスなので全額自己負担となります。

サービスの種類によっては初期費用がかかるものの、月額数百円で始められるサービスもありますし、月額数千円の費用が発生するものもあります。
しかし、見守りサービスは【金額が高いか?安いか?】で決めるものではありません。

安いからとサービスを利用し始めたとしても、親の見守りとして必要な内容をカバーしていなければ意味がありません。

親の生活状況に合っていてイザという場合に本当に役立つものなのか?

あなたの親の生活状況はどのようなものでどのようなサービスが必要ですか?

・24時間体制での見守りが必要?
・緊急対応できるものがよい?
・家の中の見守りだけでよい?
・親の状況が子供にも送られてくるものがよい?
・親の苦手な作業だけ(掃除・洗濯・料理など・・・)のサービスだけでよい?

見守りサービスと言っても、サービスの種類は様々です。
親が生活をするうえで必要なものを選ぶことが大切です。

見守りサービス導入で得られる未来!

見守りサービスを導入することで得られる一番のメリットは【親の異変に早く気付くことができ、早めの策を講じることができる!】ということです。
言い換えると、必要なサービスを導入することで、日々の親のストレスや心配事を減らせるだけでなく、離れて暮らす子供にとっても安心感がうまれます。

今、元気である高齢の親であっても、介護状態となる日は「突然」やってきます!
突然だから子供自身もパニックになってしまうのです。
パニックにならないためには、離れて暮らす親の小さな変化に少しでも早く気づくこと。
「これくらいなら、まだ大丈夫!」と考えるのではなく、小さな異変に気づいた時点で、早めに見守りサービスを導入しておくのも一つの大きなリスクを減らすことにつながります。

 

高齢の親の見守りに役立つサービスランキング

緊急対応型
緊急イラスト

万が一の緊急時に緊急通報ができるサービスです。
持病を持っていたり、足腰が弱くなってきた・・・など、予期せぬ転倒などに備えられます。
緊急ボタンは首から下げるペンダントタイプ、スマホタイプ、時計タイプなど様々あり、お守りのように肌身離さず身に着ける人が多いようです。

【メリット】
・常に持ち歩くことで、急病やケガの際、すぐに救急信号を送ることができ大事に至らずに済むことが多い
・大手セキュリティ会社が提供するサービスだと24時間体制で対応してもらえる

【デメリット】
・いつも身に着けて(持ち歩く)おかなければ万が一という場合に役に立たない

緊急対応型の見守りサービスの利用は、初回契約料・月額利用料・機器等代金が発生する場合がほとんどですが、頻繁に実家へ帰省することができないことを考えると、決して価格は高いものではないと思われます。

親の見守り【緊急対応型】おススメランキング↓ ↓ ↓

センサー型
センサー見守りイラスト

センサー型の見守りサービスは<<人感センサー機能を利用>>して高齢者の日常生活の動きを見守り異常を感知します。
センサーが長時間感知しなかった場合には「親の身に何かあったのかもしれない」と予測することができます。
転倒や転落、持病など、その場から動けなくなってしまう緊急事態に備えることが出来ます。

【メリット】
・センサーなので、カメラのように監視しているのではないのに、24時間親のプライバシーに配慮しつつ、ゆるやかに親の日常生活を見守ることができる
・今現在は元気に過ごしているけど「高齢だから何かあったときに気づくことができなかったら・・・」という離れて暮らす子供の不安を安心感に変えることができる
・親の生活リズムがわかることで、ちょっとした異変の早期発見にも役立つ

【デメリット】
・一定期間動きの感知がないときの異常を知ることが出来るが、何か異変が起こっても”すぐに”わかるわけではない

センサー型の見守りサービスの利用は、初回契約料・月額利用料・機器等代金が発生する場合がほとんどですが、頻繁に実家へ帰省することができないことを考えると、決して価格は高いものではないと思われます。

見守り家電の利用
見守り家電イラスト

「離れているから親の生活リズムが気になる!」
「毎日電話かけずとも親が元気に過ごしていることがわかれば安心!」

必要最低限にそっと親を見守りたい方におススメなのが見守り家電です。
家の中の電球、テレビのリモコン、電気ポットなどの家電の使用を検知し、その利用状況で緩やかに親の日常生活を見守り、インターネットを通じて、離れて暮らす家族のアプリに無事を知らせるというシステムです。

【メリット】
見守りは緩やかなのに、親の生活リズがわかるので、ふとした親の異変に気付くことができる

【デメリット】
異変に気付いた後の緊急事態には対応していない

見守り家電を利用する場合、商品自体の料金がかかりますが、月額費用は数百円~3000円以下と低価格で利用することができます。

宅配弁当の利用
宅配弁当イラスト

親の食生活が気になっていたり、料理ができない(苦手な)一人暮らしの親におススメなのが宅配弁当の利用です。
最近の宅配弁当は、
・メニューが豊富なので飽きない!
・カロリー計算がしっかり施されている!
・減塩食や食材の柔らかさも考えられている!

【メリット】
・栄養バランスのよい食事が摂れる
・買い物に行く手間が省ける
・料理をする負担が軽減できる

【デメリット】
・メニューが豊富とは言え”お弁当”という概念が寂しさを感じることも・・・

最近では、お弁当のほかに、あらかじめ必要な材料が揃えられ親自身が調理してたべる”料理キット”タイプもあります。
料理キットであれば、買い物に行く手間もないし無駄なものを買ってしまうこともありません。
【自分で作る】という楽しみが味わえるのでお弁当よりも”自炊している”満足感が得られるでしょう。

宅配弁当業者は多く「どこを選べばいいのか?」と迷ってしまいがちです。
各会社、様々なメニューや栄養バランスが考えられ高齢者が飽きることのない商品の提供がされています。
【お試しセット】が用意されている業者もあるので、これを利用することで、味付けや量などを確認することができ「失敗だった!」ということを防げます。

家事代行の利用
家事代行イラスト

家事代行サービスを利用することで、親の苦手な家事(掃除・洗濯・料理・買い物など・・・)のサポートをしてもらえるのがおススメです。
また、高齢になった親は歳をとるにつれて日常的な家事の負担が大きくなっていきます。
ちょっとしたサポートを取り入れ快適な生活環境を維持できることで、日々のストレスは軽減し気持ちにも余裕が生まれます。
サービス利用の手続きは子供が行うことで、親の状況も尋ねることができるのもメリットと言えます。

デメリットは【家事なのに費用がかかること】でしょうか。
しかし、子供が思う以上に高齢の親は日常生活の家事でさえ負担となっていくようです。
家事全てではなく、苦手な分野でのサポートだけでも、親にとってはストレスの軽減につながります。
また、【知らない人を家に入れることに抵抗がある】人にもデメリットかもしれません。
子供が良かれと家事代行を頼んだとしても、そのことが親にとってストレスになるのであれば本末転倒となってしまいます。

 

高齢の親の見守りに役立つサービスランキングまとめ

高齢の親の見守りサポートを選びポイントは、
①親が扱いやすいサービスか?(難しくないか?)
②料金とサービスの価格が見合っているか?
③親の生活状況にあっていて本当に役立つものなのか?

【見守りサービス】というと、料金の高さや監視というイメージが強く、親にとっても、子供にとっても、負担に感じてしまいがちですが、そう感じる時代は終わりました!
現在は、昔にように子供が多いわけではありませんし、仕事や結婚で離れて暮らす親子はとても多いものです。
親が若いうちは何とも思わなかったことでしょうが、年老いていく親をみていると「なんとかしてあげたい・・・」と思うようになるのは当たり前のことだと思います。

安否確認や緊急通報のサービスはいざという時に頼りになるサポートとなるのではないでしょうか。親の生活状況や性格なども把握した上で、今の親の暮らしに必要なサービスを選ぶことは決して後ろめいたことではありません。
見守りサービスの導入がきっかけで親子の絆が深まり、親子が安心して日々の生活が過ごせることはうれしいことだと思いませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました